トップページ > プロモーション事業 > Milano Unica

プロモーション事業

Milano Unica 2018 AW


開催概要
会期  2017年7月11日(火)~13日(木)
会場 フィエラ・ミラノ・ロー(イタリア・ミラノ市)
シーズン 2018年秋冬物
 主催  Milano Unica Secretariat
公益財団法人一宮地場産業ファッションデザインセンター(FDC) では、イタリア・ミラノ市で開催されるテキスタイル展示会「ミラノウニカ (Milano Unica・MU)2018AW」に出展します。
MU への出展は、2015AW シーズンから連続して6回目となります。 FDC では尾州産地内から参加企業を公募し、公募に応じた7社によるプロジェクトチームを結成、統一的なテーマを持った共同ブースで出展し、海外での尾 州産地のPR とイタリアを中心とした欧州での新規販路の開拓を図ります。
ブース表記を「BISHU WOOL COLLECTION」とし、尾州産地の特徴を 活かしたメイド・イン・ジャパン毛織物の魅力を発信します。



出展結果

公益財団法人一宮地場産業ファッションデザインセンター(FDC)は、7月11日か ら13日までイタリア・ミラノで開催されたテキスタイル展示会「ミラノウニカ(Milano Unica・MU)2018AW」に出展した。その結果は、3日間でブース来場は延べ131社(前 年144社)、サンプルリクエストは延べ88社(前年99社)から853件(前 年1,114件)と、来場社数・サンプルリクエスト数はともに減少となった。
24回目となる今回の「MU」には456社(前年9月442社)が出展。2014年9月の秋冬シーズンから参加が認められた日本からは、「The Japan Observatory(日本を俯瞰する)at MU」として40社・団体(前年9月38社・団 体)が参加。FDCは尾州産地の5社・1団体(長大㈱、遠山産業㈱、 中伝毛織㈱、㈱ヒラノ、みづほ興業㈱、チーム岐阜(岩田健毛織㈱・ファインテキスタ イル㈱))の7社で構成されるブースをその一角に設けた。今回より、MU の会期が9月から7月に前倒しとなり、生産体制の早期化対応が必要になることや、プルミエール・ビジョン(パリで開催される欧州最大規模の素材展)の会期との隔たり等による出展者・来場者への悪影響が懸念されたが、全体として影響は軽微だった模様。ただ、日本ブースはメイン会場からやや離れた場所で来場者の誘導に苦戦した感があった。
その中、尾州のブースは商談の質向上を目指して商談バイヤーを絞ったこともあり、前年度から来場社数・サンプルリクエスト数ともに減少したものの、ターゲットとする欧米有名メゾンから多くの新規来場があり、また過去訪問歴のあるメゾンの多くが固定客としてブースを訪れるなど、継続出展による尾州ブランド認知度向上の成果が見られた。また、会期が早まったことで、各ブランドのバイヤーにとって柔軟な素材選定が可能な時期の開催となったためか、より真剣度の高い商談が展開され、各社はそれぞれ手応えを得ることができた。FDCとしても、各社と協力して日本企業の課題とされる展示会後のフォローを丁寧にするなど、今後のビジネスにつながるようサポートしていく。


Milano Unica 2018AW NEWS Release 2017/7/25

展示会の様子

《資料》

<サンプルリクエストの状況>
来場社数 サンプルリクエスト数
延社数 点数
1日目 46(42) 31(32) 342(325)
2日目 64(67) 45(42) 397(532)
3日目 21(35) 12(25) 114(257)
131(144) 88(99) 853(1,114)
※( )内は昨年9月展(2017AW)

出展企業(5社1団体)

企業名 所在地 TEL
主力素材 企業PR
長大㈱ 一宮市大宮 0586-72-0282
フラノ・メルトン・二重織りビーバー等。
TOP糸、後染用生機をストックしております。
1946年創業以来 紳士及び婦人服地の品質向上と技術革新に努め、グローバルな時代の流れを見失うことなく 魅力的なファッションライフを提供できる企業を目指しております。
遠山産業㈱ 名古屋市昭和区吹上 052-746-8809
カシミヤ、キャメル、ソフトメルトン、二重織、上質梳毛織物、絹 1877年綿糸布業で創業しその後毛織物業に転換する。早くから繊維貿易に携わり1960年代には毛織物の対米輸出量日本一を達成する。
現在ではメンズ レディスの高級アパレルメーカーに毛織物を中心に麻やシルクなど天然素材も提供し、高い評価を得ており、常に新しいテキスタイルを世界に向けて発信している。
中伝毛織㈱ 一宮市三条 0586-61-3111
先染を中心に、二重織、ドビー、意匠糸使いのツィードまで 尾州産地の強味を生かしたアウター用商品。 主に毛織物・化合繊織物・ニット服地を製造・販売するテキスタイルメーカーです。多様な販売チャネルに対応する企画力を持ち、生産力は業界トップクラスを誇ります。グループ企業に糸染め会社・染色整理会社があり国内での一貫生産体制が大きな強みです。
㈱ヒラノ 一宮市北方町 0586-87-1200
・ファインメリノを使用した薄手のウール素材と中肉の二重織
・ナイロン混のウール
・ストレッチ素材
1950年の創業以来自社オリジナルの毛織物を生産しています。弊社ではウールやウール混の織物やニットをご提案しています。
みづほ興業㈱ 一宮市起 0586-62-3141
ウール、ウール混素材などに自社内でのオリジナル加工を施した商品。 ウール素材を中心に自社で開発した<Re・Born加工><リファイン加工>など
特殊加工を得意としています。
Team GIFU(岐阜県毛織工業協同組合 羽島市竹鼻町 058-391-8511
岩田健毛織㈱ 羽島市竹鼻町 058-391-2171
・モヘア、アルパカ、カシミヤの獣毛素材
・ローゲージニット、ラッセル
・カラーミックスのバリエーション
モヘア、アルパカ、エクストラファインなど、高品質な原料をベースにした織物、ニット、ラッセルを提案します。
婦人用アウター素材が中心で、日本国内の独自の生産ネットワークで作られた吟味された商品です。
ファインテキスタイル㈱ 羽島市堀津町 058-398-6211
弊社オリジナルのTOP糸や、意匠糸を多用した先染め素材が中心になります。
タンブラー加工、ミルド加工などを施し、ナチュラルで柔らかな風合いに仕上げた素材やオリジナリティ豊かな素材が多数揃っています。
弊社ではバリエーション豊富な多数のオリジナル素材を各色反まで原反在庫があります。そのため、各色サンプル反は即時対応可能です。
その後のバルクオーダーにもスピーディーに移行出来ます。
※岩田健毛織㈱、ファインテキスタイル㈱の2社はTeam GIFUとして参加

お問い合わせ先

(公財)一宮地場産業ファッションデザインセンター
一宮市大和町馬引字南正亀4-1
TEL:0586-46-1361 FAX:0586-44-7455